Steam car2015年11月02日 10:41

 イギリスで購入した仕掛品。LBSCによる設計。2気筒のスライドバルブエンジン。水管式のポットボイラ。バーナは欠品だが、後部のタンクをガスタンクにして、ガス焚きにするのが簡単。あるいは、マモッドのように固形燃料か。エンジンに比べてボイラが小さいような気もする。アルコールならば、後続の車両が必要。非常にきっちりとした工作はプロ級。



O gauge Garrat2015年11月02日 10:48

 自作品。オシレーチングエンジン4気筒、ポットボイラ、アルコール焚き、Oゲージ。非常によくできているが、銅パイプで前後に配管されているので、急カーブが曲がれない。シリコンチューブに交換すれば改善される。アルコールタンクは前後にあって、このままでは、バーナから溢れるのではないかと思われる。ガス焚きに改造した方が安全。




Rail car2015年11月02日 10:54

 今はなき(イギリスの)Locoline社のキットを組み立てたもの。ボディは印刷された紙で、そこにプラスティックの木材を貼っていく構造。32mmゲージ、16mmスケール。ラジコン仕様。モータで駆動するのは片方の台車2軸。サウンド付き(大きなスピーカが搭載されている)、ライトがLED。ガラス窓は、汚れているのではなく、スモーク。
 この製品が出て、すぐにLocolineが潰れてしまったので、入手できなかった。手に入れて作った人がいたとは(アメリカのオークションで入手)。





3 1/2gauge 0-4-0 tank2015年11月02日 11:02

 3.5インチゲージにしては非常に小さい(Tichよりも2回り小さい)。clockworkだと記されて売られていたジャンク品。買ってみて、しばらく観察して、ようやくライブスチームだとわかった。水面計や圧力計やレギュレータはライブに見せかけた装飾だと思われたが、すべて実際に稼働するもの。
 裏から見た写真でも、エンジンはどこにあるのかわからないが、キャブの下に小さなオシレーチングエンジンが1気筒(写真で撮れない)。これをギアで前輪へ伝動。途中にギアチェンジ機構があって、ニュートラルとバックが可能。このシフトが逆転機で行える。摩擦が大きくなるので、動くかどうか不明(ニュートラルならエンジンは回るが)。
 ボディは薄いブリキ製で、非常に軽量。
 89mmゲージ、ポットボイラ、アルコール焚き。



Vertical boiler 0-4-02015年11月11日 11:47

 自作品、半完成。アルコール焚き、45mmゲージ。オシレーチングエンジン2気筒。写真の左がアルコールタンク、右が水タンク(内部にハンドポンプ装備)。残すは配管のみ。
 アルコールタンクとバーナは下の写真のように取外し式。
 エアテストでは快調。逆転機をどうするかで工作が中断。あと、ガス焚きにした方が良いという迷いも。

Roundhouse Little Jon2015年11月11日 11:53

 注文から2年も待ったRoundhouseの新製品。ラジコン仕様。バッテリィは充電式。16mmスケール、32mmと45mm両用。




Candy can railcars2015年11月11日 11:56

 お土産でもらったお菓子の缶(日本製)に、タミヤのギアボックスを使った走行装置を組み込んだもの。外側のタイヤがダミィになり、ポイントでレールに当らないように浮かせる必要がある。45mmゲージ。



Rail truck2015年11月11日 12:05

 イギリスではポピュラなポストマン・パットのおもちゃを改造したもの。プラスティック製でオルゴールが内蔵されていた。
 タミヤのギアボックスを床下に入れて、電池ボックスは荷台に。小さいのでスペースはぎりぎり。45mmゲージ。車輪はOゲージ用のもので、ほぼもともとのタイヤと同径。





Glyn Valley Tramway locomotive2015年11月11日 12:10

 Accucraft UKが製作したモデルで、Garden Railway SpecialistsとAnything Narrow Gaugeの2模型店が販売した特製品。このスチームトラムは過去にも製品化されたことがある人気機種で、他のスケールでも製品が多い。
 ラジコン仕様。16mmスケール、32mmゲージ。ガス焚き。面白いのは、上部のボディがすっぽりと上に外せること(3枚めの写真)。前後のバッファが留め金になっていて、これを引いて持ち上げるだけで簡単に外せ、メンテナンス性は抜群。また、この機構のため、外部にはネジの頭が1つも出ない。




Bagnal 2-4-0 Sea Lion2015年11月29日 17:23

 実機は、マン島のGroudle Glen鉄道の車両。2フィートゲージの非常に小型のロコで、写真のフィギュアがサイズが合う(大人が立って乗れない)。バグナル社らしいアンバランスなスタイルが魅力。
 模型は、Accucraft UK製で、マン島の模型店Track Shackが発売したもの。たぶん50台くらいの数だと思われる。7/8インチスケール、45mm、ガス焚き。ディテールと塗装は見事。しかも低価格(1000ポンド以下)。売上げの半分が、この鉄道のもう一台の姉妹機関車のPolar Bearのレストアの資金として寄付されるとか。