AccucraftのHunslet 0-4-02013年07月04日 15:51

 Accucraftから新発売のHunsletです。先月発売で、あちらこちらで見かけるようになりました。実は、写真の機関車は僕のものではなく、近所のモデラが見せびらかしに持ってきたものです(羨ましい!)。7/8インチスケールなので、非常に大きく、たとえば、標準ゲージなら5インチゲージの機関車と並べても良いくらいの縮尺です。この模型は45mmにも32mmにもできますが、それぞれ、実物の24インチゲージと18インチゲージに対応します。
 このまえご紹介した、Emmaと同じスケールです。もしかしたら、ボイラも同じかもしれません。だいたい同じ大きさでした。しかし、車輪は小さく、腰の低いプロポーションがハンスレットらしい雰囲気です。写真の人形がスケールに合っています。オープンキャブで、欠伸軽便のLady Madcapとほぼ同型です(特に、スチームドームが似ています)。水面計はありませんが(小さなダミィの水面計はあります)、オーバフローバルブがあります。あとは一通り装備していて、小さい圧力計も良い感じです。安全弁は、実物のようにテコとスプリングのタイプ。今日は、火を入れませんでしたが、ボイラへの水は、サドルタンク上のハッチから入れます。無給水でも、大きなボイラなのでEmmaのように、30分くらいは走るでしょう。
 バルブギアも再現され、値段(800ポンド弱)の割にはしっかりとした作りです。塗装は、Roundhouseかと思うほど綺麗。サイドロッドが赤かったら良かったですね。あと、ネームプレートとかスコップは付属していないそうです。サードパーティ任せにして、値段を下げたのでしょう。既に、DJBモデルエンジニアリングからは、シリンダの前に付く自動ドレンコックが発売されています。是非付けたいですね。
 1年以上まえから発売のアナウンスがあって、首を長くして待っていました。模型屋で注文を取り始めたら予約しようと思っていて、今年の1月だったかに、予約開始になったのですが、なんとその時点では既に最初のバッチは売切れ。僕は、黒いのと赤いのの2台を予約しましたが、第2バッチは秋だそうです。ですから、もう少しの我慢です。イギリスで、この機関車がいかに人気が高いかが知れます。日本では、運転会でも雑誌でも模型にお目にかかることは少なく、Hunsletという名前さえあまり聞きません。むしろ、Bagnalの方が名が通っているくらいです。
 ちなみに、写真の人形は欠伸軽便のスタッフ。そして、客車はいつも登場するIPエンジニアリングのキット製で、実は32mmゲージなので、線路にのっていません。

AsterのShayほか2013年07月15日 14:10

 お昼は、バーベキュー・パーティでした。そのパーティの間に、荷物が沢山届きました。その1つが、この機関車、アスターのシェイです。G. C. & E. R. Shayとあります。3トラックの大型。1/32スケールの45mmゲージ(1番ゲージ)。アスターにしては珍しく、ガス焚きです。並んでいるのは、春先に組んだ、同じアスターの2トラック・シェイ。
 中古品で入手しました。長く飾ってあったもののようです。火を入れたことがあるのかどうか、わかりませんが、回転部は動くのでなんとかなるでしょう。簡単にチェックをしましたが、欠品はありません。細かい傷や塗装の剥がれ、あるいは変形などはあります。日本では中古品も滅多に出てこない品なのではないでしょうか。
 それから、5インチの線路が届きました。直線の3mのものが10本、30m分です。引込み線の線路を、新線に転用しているので、さっそく枕木を塗装してから、引込み線を復旧します(ただし、2本だけ。残り8本は、将来用)。
 ビーチング博士のスピーダのギアボックスの蓋をしました。下の写真のように、留め金を作りました。
 昨夜雨が降ったので、新線の土手を両サイドから踏み固めました。まだまだ土を足す必要があります。