Stowell's 0-4-0 tank2012年12月04日 14:44

 ちょっと珍しい機関車で、イギリスのG.Stowell氏が作ったパニアタンクです。16mmスケール(32mmゲージ)でプロトタイプはなく、フリーデザイン。エンジンは複動のオシレーチング、ボイラは炙り式、燃料はアルコールです。
 レギュレータ、圧力計などを備えています。今日、初めて走らせましたが、なかなか滑らかに走りました。キャブ内の逆転機で切り換えてバックもできます。
 特徴的なのは、作りがしっかりしていることです。非常に重く、頑丈そうです。スタイルがなかなか良く、バランスの良い機関車だと思います。

Hunslet2台2012年12月17日 13:49

 中古で入手したハンスレット2台をご紹介。1つめは、16mmスケールのライブスチーム。アルコール焚きですが、スミスボイラ。サドルタンクに水を入れ、ハンドポンプも装備しています。
 エンジンは1気筒で、外側にある2つのシリンダはダミィです。非常に凝った作りで、たぶん製品ではなく、プロが作った少数モデルだと思います。同じ塗装のテンダもあって、そこには電動ブロアが格納されていました。暖かくなったら火を入れてみましょう。
 赤いのはOスケールの16.5mmゲージ(On30)。これはたぶんキットを組んだものだと思います。ブラス製です。下回りは、HOゲージのホーンビィでしょうか。
 イギリスでは根強い人気で、ナローではバグナルよりもメジャですが、何故か日本ではあまりお目にかからない(この頃、少しだけ見かけるようになりましたが)ハンスレットのサドルタンクでした。

楽しいライブの日2012年12月23日 14:44

 今日は、気温は低いのですが、日差しの暖かい晴天で、風もありません。模型飛行機日和ですが、機関車にしました。午前中は小さいライブスチームを、午後は5インチゲージのボールドウィンを走らせました。
 まず、ボディを作り、引かせる貨車も2台作ったワントラック・シェイのZeldaです。ちょっと重くて、ぎりぎりでしたが、なんとか走りました。気温が高ければ楽勝でしょう。
 次は、以前に紹介したG.Stowell氏のバニアタンク。今日で3回めですが、アルコールのバーナの芯を少し広げておきました。火力を強くするためです。炙り式ですからね。
 今までで一番調子良く走りました。炙り式でも、低温の日に走らせることができるわけです。力も、Zeldaより強いようです。
 それから、これはフランスのメーカが作ったというシェイです。ちょっと珍しい謎の機関車。レギュレータがありません。ガス焚きです。火を入れてみましたが、蒸気は出るし、エンジンも回ろうとしますが、なかなか続けて走りませんでした。見たところ、火力不足かな、と思います。これも気温が高ければ問題なく走るかもしれません。エンジンは、2気筒でバルブ式のようですが、複動ではなく単動です。エンジンが弱いということもあるでしょう。ちなみに、台車のギアは、ベネルギアではなく、クラウンギアと平ギア(ピニオンギア)です。

BeckのHelene2012年12月24日 14:41

 ドイツのBeckのHeleneという機関車です。0-6-2のパニアタンクです。中古品で入手したもので、初めて走らせました。朝の雪はほとんど消えましたが、まだ氷点下。それでも、大変好調でした。
 45mmゲージ、Gスケール。ガス焚き。レギュレータは、スチームドームの右サイドにツマミがあります。キャブにガスの調整ツマミがあります。逆転機はありません。
 Beckらしく、とても頑強な作りで、おもちゃっぽい感じが持ち味です。ボイラもガスタンクも大きいので、30分くらい走ると思います。キャブの後ろから覗くと、もの凄く大きな圧力計があります。その左の丸い窓が水面計。
 かつてHOeで大量に出回ったリリプットの機関車に似ています。たぶん、オーストリアの機関車で、あれは、何という名前か知りませんが、3台くらい持っていると思います。LGBでも同型がありますね(これも、2台あったかと)。

作業小編成2012年12月25日 12:19

 16mmスケールの小編成(機関車+貨車×3)です。オークションで数千円で落札したものですが、スクラッチビルドでよくできています。材料はすべてプラスティックですが、とても頑丈で、パーツが取れたりしません。
 機関車は大きなモータが入っていて、静かに走行します。後続の貨車に、プレイモビルのラジコン装置とバッテリィが入っていて、送信機で前後進と速度がコントロールできます。
 クレーン車がなかなか秀逸で、簡単な機構ですが、すべて動きます。ハンドルのストッパもあります。手慣れた工作で、全体のバランスも取れています。もう1両は、無蓋車です。
 スコップやハンマなどの小物もあります。キャブの中も丁寧に作られています。シートに座るドライバを見つけてやりたいところです。