Don YoungのHunslet2012年01月02日 09:06

 Don Youngが設計したHunsletのサドルタンクです。この設計図や鋳物がイギリスでは沢山流通して、モデルも多く見かけます。ただ、多くは、7.25インチゲージのようで、5インチゲージで中古品が出ることは今までほとんどありませんでした。今回、待望の機関車が中古品で出たので、自分の誕生日に購入することができました。ポンドが下落しているので、本当に安く買えるようになったなあ、と感慨無量です(同じく送料も安くなりました)。
 大きさとしては、Lady Madcapよりもやや小さめですが、Aliceよりはずっと大きく、もちろん一人で持てるサイズではありません。たぶん、2.5インチスケール、すなわち1/4.8スケールでしょう(2フィートゲージを5インチに縮尺)。
 煙突が長く、背の高いキャブがナローゲージらしいスタイル。あとは、Hunsletの特徴として、幅の広い煙室の形とか、傾斜したシリンダとか、車輪が見えないアウトサイドフレームとかが、これまでの3機(Lady Madcap、Jack、Alice)と共通します。
 作った人が上手だったのでしょう、作りは非常に良く、状態は良好です。ごく一部に塗装面の劣化がある程度です。安全弁がサドルタンク上の蒸気ドームにあります。給水系は、軸動ポンプ、インジェクタ、それから、キャブ内の床下にハンドポンプが横向きにセットされています。
 上の写真がスチームアップをしているところ。気温が0℃くらいだったのですが、あっという間に熱くなりました。ただ、レギュレータのレバーが、右へ回してOpenだと気づかず、最初からフルOpenにしたままスチームアップしていて、シリンダのドレンから蒸気が出て慌てて閉めました。
 最初だけ太平炭を使ったので、良い感じで煙が出ています。走りは大変良好。力もありそうで、勾配を上るときも速度があまり落ちませんでした。運転はしやすいと思います。
 圧力計の配管で蒸気漏れがあったので、これは直す必要があります。上の写真で、手前に出ているレバーがハンドポンプですが、これは取り外しができます。サドルタンクの水面計も、キャブ内にあって便利です。
 梵天坂線に、7.25インチゲージを増設しようと考えていたのは、この機関車の7.25インチ版を走らせようと思ってのことでしたが、5インチ版が入手できたので、しばらくは5インチゲージだけで充分だ、と今は感じています。Lady Madcapか、Aliceにキャブを付ける改造も考えていましたが、これも必要がなくなりました。それくらい、念願の機関車でした。欠伸軽便鉄道の25号機になりました。名前は、「Judith M」です。

Judith Mのディテール2012年01月03日 10:03

 キャブ前面の丸い窓は、回転して開きます。中央にあるホィッスルは実際に稼働するもの。
 蒸気ドームには2つの安全弁。その前にあるのは、サドルタンクの吸水口で、閉まるときにスプリングが効きます。
 機械式リュブリケータは、クロスヘッドの動きを取っています。わざわざ中間にアームを介していて、ストロークが調節できます。先日佐藤氏に作っていただいたのと同じく、2本のピストンを備えた給油機構で、それぞれのバルブ室へ潤滑油を送っています。左から来ている赤いロッドは、ドレンコック開閉のためのもの。ネームプレートが隅にある理由はわかりません。どうして真ん中にしなかったのでしょう(たぶん、実機を真似ているものと思いますが)。
 キャブの前にインジェクタがあります。サドルタンクからの給水バルブは回転式のもので、実機と同じです。キャブの真下にあるネジ棒とアームはブレーキで実際に作動します。その奥の配管は、軸動ポンプのリータンバルブ関連。メーカーズプレートは中央ですね。
 写真では取り外していてありませんが、ハンドポンプレバーを付けたときの床板と、付けていないときの床板の2枚が付属していました。レバーが通る穴があるものとないものの2種類です。こういうところに、製作者の几帳面さが現れています(自分だったら、絶対に1枚で済ませるでしょう)。

ゼンマイのシングルドライバ2012年01月08日 13:07

 自作と思われる1番ゲージの機関車でゼンマイ駆動です。ブレーキも装備していますが、前進しかできないようです。
 塗装はあとから直したものかもしれません。というか、もともとはなにかの製品で、それを改造したのかも。
 井上氏の話では、Oゲージのゼンマイ機関車は平均30m走るが、1番のゼンマイ機関車はだいたい15m程度だそうです。大きい方が沢山走ると思っていたのですが、「やっぱり、重いからでしょう」とのことでした。

Fowler 30hp2012年01月08日 13:14

 こちらはバッテリィで動く16mmスケールのFowler。このタイプは、Andel Modelのプラ製品をよく見かけますが、これはEssel Engineeringというメーカのブラス製です。ラジコンではなく、キャブのスイッチでフリー走行させます。
 3軸のように見えますが、動輪は2軸で、一番前のクランクから伝動したようです。非常に小さい機関車で、キャブでは大人は立てないほどです。