Tom Rolt2010年11月18日 16:27

 ポンドが安かった3週間ほどまえに購入しました。Roundhouseの今年の新作で、Talyllyn鉄道の機関車、サイドタンクの0-4-2。45mmゲージ、ガス焚き、ラジコン仕様。
 Roundhouseのスケール機は、本当にディテールのバランスが素晴らしく、塗装も綺麗です。ただ、一番気に入っているのは取り扱い性の良さ。丈夫で壊れにくく、コンディション維持が楽で、いつでもすぐに楽しめます。たとえば、今回、屋根を磁石で引っつける新しい方式になっていました。
 この機関車で特徴的なのは、キャブのリアのフォルム。下の写真、ちょっとわかりにくいですが、窓のある上部だけが後ろに飛び出しています。あとから壁を作ったら、ブレーキハンドルが回せなくなってしまって、こうなった、みたいな形状ですね。
 Talyllyn鉄道の赤い客車も購入。3両あります。金属製ですが、ドアやディテールは全部印刷で、究極の壊れにくさを追求した製品。「走らせてなんぼ」という思想なのでしょう。こういった割り切りは、模型飛行機の世界ではむしろ美学とされているもので、「フライング・スケール」と呼ばれます。機関車だったら、「ランニング・スケール」でしょうか。走っている姿が本物らしいことが大切、という価値観です。日本のモデラは、「ディスプレィ・ディテール」や「ルーペ・ディテール」に少々拘り過ぎの傾向があるように見えます。もちろんそれが悪いとはいいませんが、少なくとも、それが「最高峰」ではないでしょう。
 早くレイアウトを作って、走らせたいですね。機関車たちが沢山出番を待っています。

修理工場2010年11月30日 12:35

 工作室で修理です。まず、Fannyのギアの空回りは、ベベルギアの部分で、ネジではありませんでした。写真の2つのパーツの間で滑っていて、どうやって接合する設計なのかわかりません。非常にきっちりはまるので、とりあえずネジロックで接着することにしました。たぶん、組み立てのときにネジロックを使うのを忘れたのではないか、と想像します。硬化に24時間かかるので、結果はまた明日。
 クライマックスの台車も分解しました。サイドのトラスの部品(ロストワックス)が酷く変形していたので、万力に挟んで直しました。もしかしたら、海外から届くときに壊れたのかもしれません。動輪のゲージも45mmにセットしました。
 驚いたのは、台車2軸に伝動するシャフトが前後のいずれも曲がっていたこと(ピンぼけの下の写真)。こんなシャフトが曲がるような力とはいったい、と考えてしまいますね。新しいシャフトを作るのがベストですが、とりあえず、これも万力に挟んで適当に真っ直ぐにしました。
 結果からいうと、これで組み直し、無事に走りました。音も力も時間も文句なしです。バーナの音はほとんど聞こえず、ギアードロコ特有のドラフトが響きます。ちなみに、汽笛もありますが、これは小さいので高音。低速が利き、貨車も沢山引けました。軸動ポンプを備えているし、ガスタンクも大きいので、ロングランが可能です。さすがカタトンク、という素晴らしさ。

クライマクス2010年11月30日 14:09

 テスト走行の動画をアップしました。後半、軸動ポンプが覗き見えます(キャブの真下です)。